CBDについて

CBD(カンナビジオール)とは|効果・危険性・摂取方法を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大麻から取れる成分CBD(Cannnabidiol =カンナビジオール)は、日本でも話題になり急速に浸透し始めています。

サプリメントとしての利用から医療利用など世界で幅広く使用されていますが、進んでいく研究・消費者の体験によって常に新しい情報が飛び回っています。

CBDに関して、学術書ベースの情報・危険性や摂取方法などをわかりやすくまとめてみました。

|CBDとは

CBDは大麻から取れる化合物カンナビノイド

CBD(カンナビジオール)とは、大麻から取れるカンナビノイドという成分の1つです。

大麻は100種類を超えるカンナビノイドを作ると言われており、主に大麻草の葉や花の表面にある樹脂線から取ることができます。その中で特に有名なのがTHC(テトラヒドロカンナビノール)CBDです。

THCは「ハイ」で知られる多幸感で有名ですが、CBDは精神作用がないことから近年注目を集めています。

 

CBDは日本で合法

成熟した茎や種子由来のCBDは日本では合法です。

厚生労働省・検疫所に成分分析表や製造工程などをきちんと提出し、成熟した茎や種子を原料としていることを証明している必要があります。

大麻取締法にふれていないかどうか、そして製品によっては薬機法・食品衛生法の基準をクリアしなければなりません。

ただし、個人で輸入したものや正規の方法で輸入されていないCBD製品を購入の際はその基準をクリアしないことがあるので気をつけてください。THCが含まれていれば大麻取締法を犯すことになってしまいます。

 

≪参考≫CBD(※)オイル等の CBD 製品の輸入を検討されている方へ|関東信越厚生局麻薬取締部 https://www.ncd.mhlw.go.jp/dl_data/cbd/guidecbd.pdf

 

|CBDの効果

CBDは、例えばアメリカでは、ある特定の疾患にのみ医療としての利用が認められています。

その他の利用は「サプリメント」として軽度の慢性疾患に利用することが推奨されています。

 

CBDはサプリメントとして利用される

CBDは医療従事者からサプリメントとして以下の治療に使われることがあります。

・不安障害

・炎症

・神経症

・痛み

 

CBDの医療利用は3つ

CBDが公式に医療利用として許可されているのは、現時点で3つの疾患だけです。

多発性硬化症・ドラベ症・レノックスガストー症候群です。

 

他にも研究者たちは、CBDは依存症・統合失調症・神経症などの重い疾患に有効なのではないかと考えています。

 

|CBDは何故私たちに効くのか

人間の体は生命を維持するため、様々な神経伝達物質でやり取りをしています。

そして、カンナビノイドも体の細胞から細胞へメッセージを伝達しています。

CBDはそのやり取りをしているシステムの1つである、エンドカンナビノイドシステムと作用することで、その力を発揮します。

 

私たちも体内でカンナビノイドを作っている

CBDやTHCなどのカンナビノイドは、植物から取れる「植物性カンナビノイド」といいます。

そして私たちは自分たちの体内でもカンナビノイドを作っています。

 

これを、「(内因性)エンドカンナビノイド」と言います。

 

エンドとは、「体内の」という意味を持っており、言葉の通り、体内で作り出すカンナビノイドなので、エンドカンナビノイドと呼ばれています。

 

私たちが作り出したエンドカンナビノイドを受け取り、体内の重要な機能を調整してくれることそのものを「エンドカンナビノイドシステム」と言います。

 

CBDは私たちのエンドカンナビノイドシステムに働きかける

例えば私たちはドーパミンシステムやオピオイドシステムという機能・システムも持っており、ドーパミン量の調節や痛みのコントロールをしています。これはすべて神経伝達物質でやり取りしています。

 

私たちは体の中でいくつもの物質で情報のやり取りをしています。

エンドカンナビノイドシステムはその中でも、食欲・睡眠・ストレス・痛み・免疫・感情制御・生殖・発達と老化など、多くの機能調節を行っている優れもの。

 

エンドカンナビノイドシステムは人間の身体中に位置しており、CBDやTHCなどの植物性カンナビノイドを受け取るのにぴったりの形をもともと持っているのです。

 

これが、CBDやTHCなどの植物性カンナビノイドが私たちの身体によく働いてくれる理由です。

 

 

|CBDは危険?

CBDは目立った依存性や副作用がないことから安心して使用することができます。

大麻自体の依存性もお酒やタバコより低く、CBDはそもそも依存を改善してくれる可能性があることで注目されているのです。

 

CBDの低用量摂取の危険性はないと考えられている

CBDの大きな副作用は認められていない

CBDの長期的な利用に関する副作用は研究段階ですが、少量の日常利用は比較的安全であるというのが現時点での一般的な理解です。

元々健康な人の長期摂取に関する臨床研究はまだないですが、慢性痛・ストレス・精神病・てんかん・パーキンソン病などに対しては小規模の臨床試験が行われました。

 

だるい・気分の変化・肝臓の不快感などの副作用の報告こそあるものの、エピディオレックスというCBDの入った薬と他の薬と併用しての治療中のことであり、25mg×体重と高用量の摂取でした。

CBDは依存性をむしろ助けてくれる

CBDは現状離脱症状と関連付けられていません。

それどころか、タバコ依存などを緩和してくれるという研究もあります。

 

ただし、高用量を摂取していた患者が急に摂取を止めた場合、睡眠や気分が変化する可能性があります。

コーヒーを毎日飲む人が急に飲むのを止めた時に頭痛などがあるように、体が生体リズムを調節する時間が必要な事もあるという考え方です。

 

|CBDの摂取方法

経口摂取

エディブル

CBDグミ・CBDキャンディー・CBDチョコレート・CBDクッキーなど、食用のCBD製品のことです。

エディブルはCBDが血中に入る前に肝臓で代謝され吸収率が血管から直接摂取するよりは低めです。消化機能の個人差やその日食べたもの・体の水分量などによって吸収率が影響されます。

手軽で持ち運びも簡単なのがエディブルのメリットなので、今後新しい製品が増えていくことが予想されます。

 

CBDオイル(ティンクチャー)

ティンクチャー(チンケ剤)とは、元々ハーブをアルコールにつけ、有効成分を抽出したものです。

CBDオイルはアルコールではなく、主にココナッツオイル・ヘンプオイル・オリーブオイルなどのキャリアオイルにコンセントレートを溶かして作られたものです。

舌下に落として毛細血管から摂取する方法から、飲料に入れて飲む・マッサージオイルに混ぜるなどの取り入れ方もあります。

 

吸入

日本では大麻の花穂を吸引することはできませんが、ベイポライザーを使ってCBDを摂取することができます。

肺の毛細血管から直接吸収されるため、効果が出るのが早いのが特徴です。

リキッドに添加物が含まれている事もあるので、気になる方は注意しましょう。

 

 

局所投与(トピカル)

CBDバームやティンクチャーなどを皮膚に直接塗って摂取する方法です。

筋肉痛・炎症・日焼けなどに効果があります。

発現時間が短く、吸収率も良いためとても効率的な摂取方法です。

 

CBD摂取方法ごとの吸収率

CBD摂取で重要なことの1つが、「バイオアベイラビリティ」です。

簡単に言うと吸収率のことを差し、摂取方法によってこの吸収率というのが変わってきます。

また、摂取方法ごとの発現時間・効果持続時間を把握し、いつどのタイミングでどのような製品を使うのか参考にしましょう。

どの製品が自分の体質に合っているのかや、いつ摂取したいのかを判断しましょう。

 

 

発現時間 効果持続時間 バイオアベイラビリティ
吸引 2〜15分 2~4時間 17〜44%
エディブル 30〜90分 6〜8時間 6〜15%
CBDオイル(舌下) 15〜30分 2~4時間 6〜20%
経皮吸収 15〜30分 4〜8時間 〜90%

 

|CBD初心者が注意したいこと

CBD初心者の方が一番注意したいことは、決して多く摂取すればするほど効果があるわけではないということです。

CBDにかかわらず医療現場で大麻を扱っている専門家は、「ジャーナルをつけて自分にとってベストな方法を知ること」を推奨しています。

 

 

CBD摂取は低容量で始めてゆっくり増やす

CBDは、必ず低用量から始めてください。

CBDの効果は人によって変わり、万人にとってジャストな量というのがありません。

各々が持つ症状に対して、望む効果が出ているかどうかで判断するしかありません。

特にCBDアイソレートの効果は釣鐘型と言われており、中用量で最も効果を発揮しますが、高用量で逆効果となってしまう可能性があります。

 

CBD摂取の記録をノートに書いてみる

専門家が推奨する摂取方法は、「ジャーナルを書くこと」です。

何ミリグラムのCBDを、どの製品で摂取し、どのような効果を感じられたかを日々記録することで、自分にとってぴったりの摂取量を発見することが可能になるからです。

 

 

|まとめ

 

CBDは合法であるものの、大麻から取れる成分であることから誤解されることが多い成分です。

しかし、私たちの身体の中ではCBDを自然に受け入れ身体の治癒を促す事実があることを無視できません。

需要がふくらむ中で、臨床研究が追いついていないのが現状ですが、正しい知識を得ると共に、焦らず自分に合った摂取方法を探していきましょう。

CBDは取りすぎたからといって大きな副作用がないのが最大のメリット。

日常生活にストレスや不眠など何かしらの不便さを感じているのであれば、少しずつ取り入れてみるのもいいかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る