集中

日常生活にて簡単に集中力を高める方法がある!集中力向上の方法から食べ物まで解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

集中力は、一つのことに没頭して取り組むことを意味します。集中力が高いと短時間で成果を出すことや、決められた時間内に予定していたことを終わらせる事が可能です。そのため誰でも仕事や勉強において集中力を高める方法を知りたいと考える人は多いはずです。

集中力を高めるためには、自分が集中できていない理由を探ることが第一です。

本記事では、集中力がない原因の考察を網羅的に行い、集中力を高める方法をご紹介します。記事を読んだ後、集中力を高める具体的な方法が理解できているはずです。

集中力がない原因とは?

集中力は相対的なものです。そのため、集中力がない原因も人それぞれですが、これまでの研究結果によると集中力は「脳」と大きな関連性があることがわかりました

下記、集中力がない原因について4つご紹介していますが、全てが脳と強く関わっております。是非、ご覧になり、ご自身が集中力がないと考えている方は、どの原因に該当するかを確認してみてください。

体力の不足

体力があると長い時間、勉強や仕事をしても疲れにくいという話はよく耳にします。

集中できないということは体の中のエネルギー不足を意味します。すぐに集中力が切れてしまう人は、体力の低下を疑う必要があります。

寝不足

寝不足も、集中力低下の原因の一つです。脳は寝ることで休憩を取ります。脳が、古い情報を削除したり、必要とされる情報を集める為に必要なのが「睡眠」です。人により必要な睡眠時間は異なりますが、適切な睡眠時間が確保できていないと集中力の低下、欠如に繋がります。最近、集中できないと思う方は、最近どれくらい睡眠しているのかを振り替えて考えてみてください。適切な睡眠時間については後ほど説明いたします。

環境が整備されていない

人は目の前にあるものについて興味を持つようになっています。それは人の本能です。

例えば、子供が目の前の物をすぐに手にすることが代表的な例です。

集中しようとする時、目の前に何かがあると集中力が切れやすくなります。

もし机、作業スペースの周りに物が多い方は、不要な物を整理するなどして、自分が集中しやすい環境整備を行いましょう。

ストレス 

人は誰でもストレスを感じると言われています。ある研究によると生後1か月の赤ちゃんもミルクを多く飲む方法を工夫するため、ストレスを感じることがわかりました。

集中できない、他の考えが思い浮かんでしまう際には、ストレスを強く感じている可能性が大きいです。そのため、集中できないと感じている方は、最近の出来事や抱えている悩みを整理し、ストレスの軽減を意識することを推奨します。

日常生活でできる集中力を高める方法!


集中力を高めるために、塾に行ったり、専門家に相談する人も多くいます。

しかし、日常生活でも、集中力を高める為にできることが多くあります。

まずは今日からできる事に挑戦してみる事で、集中力を高める事ができるかもしれません。今回は、集中力を高める方法を3つご紹介しますので是非、試してみて下さい。

睡眠時間の管理

「脳」は睡眠時間を通して休憩をしています。生活においても、集中力の向上においても睡眠時間はとても大事です。そのため、睡眠時間を適切に管理していくことが集中力を高める一つの方法になるのです。

科学的には7時間の睡眠時間が一番理想的だと言われておりますが、必要な睡眠時間は人によって、年齢によっても異なります。

しかし、ここで大事なのは何時間寝るかではなく、睡眠時間が確保できているのかです。

寝る時間、起きる時間を決めておき体内リズムを整えることが健康にも、集中力向上にも大事です。

どうしても夜眠れない時には5分から10分の昼寝も効果的です。10分の昼寝は注意力や認知能力、集中力が高まる効果があると言われています。

時間管理やスケジュール管理

時間やスケジュールを管理するだけで集中力を高めることができます。あまり想像できない方は試験を受ける時を考えてみてください。試験を受ける1時間、2時間の間は誰でも高度な集中力を発揮します。それは制限時間があるからに他なりません。

日々の勉強、仕事をする際にも同じです。分ごと、時間ごと、週ごと、月ごと等時間を区切るだけでも、集中力を高める効果があります。

食事の管理  

食事の管理は集中力に欠かせない要素です。集中することは脳に大きな負荷をかけます。

脳は人が消費するエネルギーの20%占めているともいわれています。

そのため、適切な食事で栄養素を脳に送ってあげる事は基本的ですがとても大切です。

食事には神経核の活性,体温上昇,体内リズム形成などの効果があることから、集中力を高めるためには必ず必要です。

食事や食べ物を摂取する際には、3大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂肪)を意識する必要があります。その中でも炭水化物は脳のエネルギー源となるため、意識して摂取すると良いでしょう。

人は一般的に3食を食べますが、集中力に一番影響を及ぼすのは朝食です。睡眠中はエネルギー源の摂取ができないため、起床後はエネルギーが枯渇している状態になります。

その状態のまま、勉強や仕事をすることはガソリンのない車を動かそうとすることと同じです。そのため、起床後は身体が必要とするエネルギーを摂取することが大事です。

集中力を高めるブレインフード

「集中力向上に食事が大事であることは知っているが、どのような食べ物が良いのだろう」と思っている人も多いと思います。

集中力向上に良いと言われているブレインフードについてご紹介します。是非見てみてください。

ブドウ糖を含んだ食べ物

長い時間集中している時に甘い物が欲しくなる経験、ありませんか?それは脳がブドウ糖を必要としているためです。(甘い物の中にブドウ糖が含有されているため)

集中する際に脳が一番必要とするエネルギー源がブドウ糖になります。ブドウ糖が不足すると、急に疲労を感じたり、集中力が落ちたりします。

【ブドウ糖とは】

自然界に最も多く存在する代表的な単糖類として人が活動するためのエネルギーとなります。脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質で、人体にとっても重要な栄養素です。ブドウ糖は、糖類の中に最も多く含有されています。

しかし、甘い物がすべて良いわけではありません。糖分を摂取するとブドウ糖に分解され脳に運ばれますが、食べ物によってブドウ糖が分解される時間がそれぞれ異なるためです。

ここで、脳に適切なエネルギーを補給する事ができる食品をご紹介します。

  • 果物(自然に近い食べ物からブドウ糖を摂取することができる)
  • ラムネ(ブドウ糖(グルコース)が主原料の商品が多い)
  • ブドウ糖のサプリ(甘いものが苦手な方はサプリで摂取することもよい)

DHAを含む食べ物

ブレインフードの中で最も有名なのがDHAを含む食べ物です。DHAには体内の免疫反応の調整、脂肪燃焼の促進等の様々な効果があり、高血圧・脳卒中・皮膚炎の予防と改善にも良いと言われています。

また、何よりもDHAには脳の神経細胞の情報伝達をスムーズにする働きがあり、記憶力や言語能力などの認知機能、行動能力にも好影響をもたらすと言われています。

ここで、DHAが含有されている食品をご紹介します!日々の生活において意識して食べることも良いでしょう。

  • 魚(一番代表的なDHA含有食品、1日1食は魚を食べることも良い)
  • ナッツ類(コリンが含まれているため、記憶力の向上に良い
  • 青野菜(神経系の働きに必要なビタミンが豊富であるため、記憶力向上に効果的

CBDを含む食べ物

CBDとは英語表記のCannabidiol(カンナビジオール)の略で、大麻草に含まれる成分の一つで精神作用がなく、健康管理に良いことから様々な分野で研究が進められています。

CBDは人体の身体調整機能に働きかけ、免疫調整や感情抑制、神経保護、運動機能、集中力の向上に効果が期待されています。

CBD含有食品には食べられるオイル、グミ、クッキーなどがあります。ご自身の好みでCBDを摂取し、集中力を高めるのはいかがでしょうか。

気軽に食べれるCBDクッキー

安全性が認められたCBDはいろんな形で楽しめることができますが、一番美味しく気軽に楽しめるのはお菓子に含まれているタイプではないでしょうか。中でもCBDが含まれているクッキーは勉強や仕事中でも食べやすいと人気が高まっています。

CBDクッキーを食べることでブドウ糖、CBDを同時に摂取し集中力を高めてみませんか?

まとめ

集中力を高める方法についてご紹介しましたが、いかがでしょうか。

集中力は日常生活でのほんの少しの工夫だけでも十分高めることができます。食事、睡眠、最近人気のCBD含有の食べ物を通して、勉強や仕事の効率を向上していきましょう。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る