集中

集中力が持続する時間は何分?集中力向上の方法をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

集中力が持続する時間は?

仕事や勉強において必要不可欠となってくるのが、集中力です。

しかし、集中力が長く続かずに悩んでいる方もいますよね。

そもそも人間の集中力の持続時間というのは、どれくらいなのかご存知ですか?

実は、深い集中力を持続できるのは15分と言われています。

では、15分しか集中していられないのかというと、そういうわけではありません。

15分、45分、90分の法則というものが存在していて、集中できる時間は子どもか大人かによっても変わってきます。

15分は先ほど話したように深い集中ができる時間です。

45分は、学校の授業などがその時間に設定されているように子どもが集中できる時間です。

90分は大学の授業などが例になるように、大人が集中できる時間となっています。

15分単位で持続して集中することが効率的!

前述の通り、人間の集中力は15分単位で切り替わると言われています。

そのため、集中力を持続させたい、効率よく仕事や勉強がしたいという方は、15分単位で集中することで効率化を図れるという論文もあります。

年齢によっても集中できる最大時間は変わってくるので、自分の年齢にあった時間内で15分単位で考えるといいですね。

こなさなければならない仕事や勉強が複数ある場合は、15分単位でやることを切り替えるのも、集中力が持続するコツです。

集中力が持続できない理由とは?

 集中力が持続できない理由は様々なものがあります。

集中力の妨げになるものをしっかりと把握しておけば、集中しやすい環境を作ることができます。

集中力の妨げになるような理由をいくつか紹介していきますので、集中できなくて悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

誘惑するものがある

 人が一番集中できなくなると言われている理由が誘惑です。

どんなに集中できる環境で、集中できる時間で勉強や仕事をこなしていても、近くに気になるものがあったら集中できませんよね。

誘惑の例として挙げられるのが、スマホや漫画、テレビなどです。

勉強や仕事をしていても、スマホの通知が来たら手に取ってしまう、ちょっとだけのつもりで漫画を読んだりテレビを見たりしていたら時間がたっていたなど、一度は経験がありますよね。

まずは誘惑を遠ざけることが大切です。

机の上には置かない、通知を切っておく、別の部屋で勉強や仕事をするなど、誘惑から離れた環境を作りましょう。

睡眠不足

 睡眠不足も集中力の敵となります。

睡眠不足の状態では、勉強や仕事をしていても眠気が来てしまいます。

また、セロトニンというものが不足してしまい、普段はできていることでもできなくなってしまいます。

はっきりと眠いと思わなくても、体が温かい感じがしたり、頭がぼーっとして来たら睡眠不足のサインです。

集中力を持続させるためにも、普段から睡眠はしっかり取っておきましょう。

また、睡眠不足を感じた時は短時間の仮眠もおすすめです。

仮眠をする場合は30分以下がいいとされています。

30分以下の仮眠を取った場合、集中力が34%上昇したという研究もあります。

集中力には睡眠が必要不可欠ということがお分りいただけたでしょうか。

運動不足

集中力を妨げている理由で、意外と盲点なのが運動不足です。

運動不足は先ほど話した睡眠不足にも繋がってきます。

運動を十分にしていないと、体が疲れていないので、眠っているつもりでも質のいい眠りはできません。

普段から体を動かすことで、眠りの質が良くなり集中力を伸ばすことができます。

また、運動すると出てくるドーパミンが足りなくなってしまうと、脳の働きが悪くなり集中力の妨げにもなります。

適度な運動を普段から心がけることが大切ですね。

どんな運動をしていいか分からないという方はこちらの動画も参考になりますよ。

https://youtu.be/t9w3nORY9wU

集中力向上や持続に効果的な要素

ここまで、集中力の妨げになる理由をご紹介しましたが、ここからは集中するのに効果的な要素をお伝えします。

ご紹介する方法はいくつかあります。

年齢や個人差もあるので、自分に合った方法を見つけてください。

一通り試してみてから決めるのもおすすめです。

目標や時間を決める

集中力が続く時間について説明しましたが、集中力を向上させるには、その時間を意識することが大切です。

15分単位で集中力が切り替わるので、「25分勉強や仕事をしたら5分休憩する」や「時々長めに15分休憩をする」など、自分の中である程度スケジュールを立てておくといいですね。

時間を決めて行動することで、ここまでやってみよう!という気持ちにもなれます。

また、目標を決めて勉強や仕事をすることも大切です。

「このページまで終わったら休憩する」「今やっている仕事が一区切りついたら休もう」とあらかじめ目標を立てて行動するのがおすすめです。

音楽や香りを利用する

集中するのに有効なのが音楽や香りです。

勉強や仕事に集中するのに、静かな環境がいいという人もいますが、音があった方が集中できるという人もいます。

そういう場合は、自分が好きな音楽を流しながら集中できる環境を作るというのもおすすめです。

聞き入ってしまうと集中力を欠いてしまうので、聞き流せる音楽にしましょう。

音楽が耳に入ることで気分もリフレッシュできます。

また、香りは脳で感知されると集中力を高める効果があると言われています。

自分が集中できそうなアロマを選んでいい香りの中で勉強や仕事をしてみましょう。

特におすすめなのはローズマリーやペパーミントなどのスッキリした香りやチョコレートなどの甘い香りです。

CBDが集中力の向上・持続に役に立つ

 今話題のCBDは集中力の向上や持続に役に立つと言われています。

ここでは日本でも徐々に知られてきているCBDについてご紹介します。

集中力をアップさせたいという方にはぴったりのものとなっています。

CBDについて知っている方も初めて聞いたという方もぜひチェックしてみてください。

CBDとは

そもそもCBDって何?という方もいますよね。

CBDとは世界から注目されている大麻草の成分の一つです。

大麻草というと、大丈夫なのか不安になる方もいらっしゃると思います。

しかし、マリファナにあるようなハイになる成分もなく、様々な疾病に効果があると言われています。

最近では日本でもCBDは広まっていて、様々なCBDを含むものが販売されています。

アナンダミドとセロトニンを増やすことが期待できるので、集中力の向上や持続にも繋がります。

集中力に不安がある方はぜひ一度CBDについて知って欲しいです。

CBD含有製品、食品には何がある?

CBDを含む製品や食品には様々なものがあります。

代表的なものはオイルやリキッド、グミ、クッキーなどです。

オイルは飲み物などに混ぜて摂取することができるので、好きなものと一緒に手軽に摂取できます。

リキッドは喫煙者の方におすすめで、電子タバコに使うことができます。

グミやクッキーは、おやつ感覚で食べることができるので、一番抵抗なく摂取することができますね。

自分のライフスタイルに合わせて摂取することができるのも、CBD含有製品や食品のメリットです。

CBDに興味がある方は、自分に合ったCBD製品や食品を見つけてみてください。

まとめ

今回は集中力が持続する時間と集中力向上の方法についてご紹介しましたがいかがでしたか?

勉強や仕事において集中しなければいけないという時や、普段から集中力を高めたいと思っている方は、紹介した方法を実践してみてください。

長時間集中するというのは中々難しいことです。

時間をうまく活用したり、自分の集中できる環境を作り出すのも大切です。

また、先ほど紹介したCBDを摂取すれば、日常的に集中力を高めることができ、パフォーマンスの向上も期待できますね。

自分や自分の生活に合った集中できる方法で勉強や仕事を進めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る